imdn-builderについて

iMobileDevice-NetとはlibimobiledeviceというiOSデバイスとの様々なネイティブプロトコルのやりとりを行えるようにするクロスプラットフォームライブラリの.NETようにバインディングしたもの.
そのiMobileDevice-NetをUnity環境などで使うためにDLL化するときにビルドの自動化を行うアプリケーション.

imdn-builderのプロジェクト自体にはlibimobiledeviceのソースコードは含んでいない.

Unity_iMobileDeviceNet_ClientBuilder : GitHub

Env.

動作確認環境

– Windows10 64bit
– .NET Core 3.1.3
– imobiledevice-net v1.2.186

Method

.NET Core SDKをインストールする

https://dotnet.microsoft.com/download/dotnet-core/3.1
より.NETのSDKの”x64″からインストーラーをダウンロードし,インストールを行う.

GitHubのReleasesからBuilderをDL

https://github.com/nmxi/Unity_iMobileDeviceNet_ClientBuilder/releases
からimdn-builder_v1.0.0_win.zipをダウンロードする.

DLしたzipファイルを解凍し実行する

imdn-builder.exeを実行する.

Buildの終了

Done : ) が表示されたらビルドが正常に終了している.

\imdn_builder_v1.0.0_win\imdn-builder_Data\StreamingAssets ディレクトリに
iMobileDevice-net.dllが出力されている.

エラーの対処

プロセス実行中にエラーが出力された場合は…

DirectoryNotFoundException

imd-builderを実行するフォルダを適当なディレクトリに移動させ,実行してみる.

IOExeption : Could not create file ***

imdn_builder_v1.0.0_win\imdn-builder_Data\StreamingAssetsディレクトリを”msbuild_net472.zip”のみにする.その他のフォルダやファイルは削除する.

もしフォルダを削除しようとしたときに以下のようにダイアログが表示された場合はタスクマネージャーから
VBSCompilerというプロセスを終了することで削除が可能になる.

UnauthorizedAccessException

ファイルアクセスの権限がないディレクトリでimdn-builderを実行すると表示される.


これらのエラーを出さないようにするためにそのうちアップデートしていければいいな…

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です