ORCΛ – operation note

ORCΛ – プロシージャルシーケンサーの個人的オペレーションメモ

source : https://github.com/hundredrabbits/Orca


Official HP : https://wiki.xxiivv.com/#orca
Github : https://github.com/hundredrabbits/Orca


Operators

FamiliesGlyphs
DirectionsN S E W
MathA F I M R
WritersG P X
ReadersO Q T
JumpersJ Y
TimersC D
VariablesK V
MiscB H L U
Special* # ; : =

Directions

N : north

発火地点を北(上)に移動させる

S : south

発火地点を南(下)に移動させる

E : each

発火地点を東(右)に移動させる

W : west

発火地点を西(左)に移動させる

Math

A : add

(input_A)+(input_B)を返す.足し算をする.

F : if

(input_A)==(inoput)の時,発火する.

I : increment

右側の値2つ(min ~ max-1)の間をループして出力する

M : modulo

右側の値2つから得られた除算の余り

R : random

右側で指定した最小値と最大値の間で値をランダムに下に出力

Writers

G : generator

左側2つで出力する相対座標を定義,右側で出力したいものを定義

値が変わるごとに1回出力

P : push

X : teleport

左側2つで出力する相対座標を定義,右側で出力したいものを定義

毎フレーム出力

Readers

O : offset

Q : query

T : track

右側に指定した値を左側で指定して下に出力

Jumpers

J : jumper

上方向の入力値を下方向に出力する.下にジャンプ

Y : jymper

左方向の入力値を右方向に出力する.右にジャンプ

Timers

C : clock

コンスタントに値を出力する

右側からの入力値-1までの数値で値のループを設定することを可能

何も入れないと0-9でループする

Zを入れると0-9-a-zでループする

D : delay

(input)フレーム送らせて発火させる

Variables

K : konkat

V : variable

右側で変数に書き込み,左側で変数から呼び出し

Misc

B : bool

H : halt

ホールド.下のオペレータをそこで一時停止させる.

L : loop

U : uturn

Special

* [bang]

# [comment]

; [udp]

: [midi]

= [osc]

Controls

Terminal Controls

enter

選択しているオペレータを発火する

Shift + Enter

insert / write モードの切り替え

Space

Play / Pause モードの切り替え

<

BPMを上げる

>

BPMを下げる

Shift + ArrowKey

カーソルのサイズ変更

Ctrl + ArrowKey

リープカーソル

Alt + ArrowKey

Move selection


ORCΛ – License

MIT License
Copyright (c) 2017 Hundredrabbits

Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software and associated documentation files (the “Software”), to deal in the Software without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is furnished to do so, subject to the following conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be included in all copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED “AS IS”, WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE.

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です